人が好き、自分が好き、この街大好き。

この地域で障がい者が生活していくために必要なサービスを知るために、平成16年の6月にワークショップを開催しました。その時に最も要望が多かったのが、障がい者の「働く場」でした。そこで、同年7月に、福祉店舗「ほっぺ」を自主運営で開始しました。
その後、小規模作業所を経て、現在は、就労継続支援B型、就労移行支援、相談支援の3つのサービスを提供していますが、地域で生活していくために必要なサービスが不足する場合は、地域の皆様や行政のご協力を得ながら、必要とされるサービスは自ら作り出していく気概と覚悟を忘れずに、今後も取り組んでいきたいと考えています。

ほっと大仙 施設長 奈良克久

新しいつぶやき

「成人おめでとう!」

毎日厨房で作業を頑張っているYさん、成人おめでとう! 私語もなく、一生懸命に作業をしている姿はとっても素晴らしいです。 そんなYさんの成人式の日は、「ほっぺ」のみんなでお弁当やケーキでお祝いしました。 余興もあり、みんなとても楽し …

今年もよろしくお願いします。

昨年も笑い有り、涙有りの楽しい1年でした。 1年の締めくくりの茶話会の様子です。 芸達者な皆さんです。 今年も弁当配達、作業、メール便、出店・・・ 更に活躍の場を広げていきたいと思います。

今年の抱負!

8日間の年末年始の休み明け、意気揚々と来所された利用者さんに今年の抱負を尋ねました。 去年の1月に転倒して骨折したので、今年は転倒しないようにしたい。ケガはもうこり          ごりだ。(Aさん) 早く就職したいです。スーパ …